Top

与那国島産 黒糖商品のご案内



与那国の太陽をいっぱい浴びて育ったサトウキビから作った黒糖製品です。
強烈な太陽のエネルギーと黒潮から吹き上がるミネラル分をたっぷり含んだ
与那国の黒糖は、独特のコクとほのかな苦味と潮っぽさ、強烈な甘さのバランスが絶妙。
ミルクたっぷり、砂糖抜きのカフェオレと一緒に齧れば、クセになること請け合いです。
お茶請けに、お菓子づくりに、ぜひご利用ください(価格はすべて税込です)。


商品のお問い合わせ、お申込は info@ja-yonaguni.jp  までお願いします。


商品の成分表はこちらをご覧ください。



太陽黒糖(小)



100円
 日本最西端・沖縄は与那国島の美しい海と太陽、自然の大地で育てられたサトウキビを原料とし、純正・無添加の黒糖に仕上げました。

 一口サイズなので食べやすく、コーヒーやお茶のお供に最適。ご家庭、職場の休憩時間にひと粒どうぞ。

              

   太陽黒糖(小)  90g入り   …… 100円


   太陽黒糖(大)  300g入り  …… 230円

太陽黒糖(大)



230円
長命草黒糖(小)



150円
 長命草(和名:ボタンボウフウ)は、与那国島特産の植物で、薬効が高く、古くから島で珍重されてきました。抗酸化作用など、数々の効能で注目を浴びているこの植物の葉を乾燥させ、粉末状にして黒糖にまぶしたのが、この長命草黒糖です。

 長命草独特の風味は黒糖とよく合い、健康によいだけでなく、お菓子としてもとてもおいしく仕上がっています。ぜひご賞味ください。

  長命草の効能についてはこちらをご覧ください。
              

   太陽黒糖(小)  90g入り   …… 150円


   太陽黒糖(大)  300g入り  …… 300円

長命草黒糖(大)



300円
粉末黒糖(500g入)



500円
 料理に使いやすいよう、粉末の黒糖をつくりました。
 純粋な黒糖をそのまま粉砕し、粉にしたものです。粒子がとても細かいので、水にすぐ溶け、とても使いやすいです。煮物に使ったり、ケーキやパン生地に練りこんだりと、使い方も多種多様。お肌によい黒糖パックも、これならとても作りやすいです。


    粉末黒糖 500g入り  …… 500円







黒糖成分表

黒糖に含まれる主な成分の効用についてはこちらをご覧ください

黒糖の主な成分含有量  (可食部100gあたり)
  
   エネルギー         (kcal)

                    (kJ)


   水分              (g)

   たんぱく質           (g)

   脂質              (g)

   炭水化物           (g)

   灰分              (g)

354.0

1481.0

5.0

1.7

Tr

89.7

3.6
   カルシウム          (mg)

   ナトリウム           (mg)

   リン               (mg)

   鉄                  (mg)

   マグネシウム         (mg)

   カリウム            (mg)

   亜鉛              (mg)

   銅                (mg)
240.0

27.0

31.0

4.7

31.0

1100.0

0.5

0.24
   ビタミンB1          (mg)
 
   ビタミンB2          (mg)

   ナイアシン          (mg)

   ビタミンB6          (mg)

   葉酸              (mg)

   パントテン酸         (mg)
0.05

0.07

0.8

0.72

10.0

13.8
   食塩相当量         (mg) 0.1



長命草とは


セリ科の植物である長命草(和名: ボタンボウフウ)は与那国島特産の薬草です。
非常に生命力が強く、常に台風や波しぶきに洗われる海岸沿いの珊瑚石灰岩地帯で、
肉厚でたくましい、濃い緑の葉を茂らせます。
与那国では古くから、その香りの強い葉を刺身のツマや和え物などの料理や薬草酒、
また、マチリ(祭り)など神事の際の供え物として神に捧げる料理に利用してきました。


独特の香りと苦味は、肉や魚の臭みだけでなく、毒も消すと言われ、刺身のツマに今も愛用されています。
また栄養価も高く、カロチンやビタミンE、ビタミンB2、ビタミンCなども多く、食物繊維も豊富です。
長命草は古くから、高血圧や動脈硬化、リウマチ、神経痛、風邪や喘息にも効くと言われてきました。
最近では新たに、「肝保護作用」や「抗酸化作用」もあることがわかり、注目を集めています。


    

    


長命草 成分表
(生鮮物100gあたり)
エネルギー 63kcal   「活性酸素」と「抗酸化作用」の関係とは




  ◆ 活性酸素はウイルス、細菌、農薬などの化学物質、排気ガス、紫外線、ストレス、たばこ、飲酒、過労などが原因で体内に発生します。つまり、現代社会は活性酸素の原因に満ちているのです。
  

  ◆ 活性酸素は酸化力が強く、化学反応を起こしやすい物質で、体内の細胞や遺伝子を傷つけ、動脈硬化、ガン、肝臓病などの生活習慣病の原因となります。


  ◆ 人間は活性酸素を退治するSODなどの酵素を体内に持っていますが、これらの酵素は歳をとるとともにその働きが衰えていきます。


  ◆ ですから、現代人の健康と若さを保つために活性酸素を消去する力、すなわち「抗酸化作用」を有した食品が世界中の医師や研究者から推奨されているのです。





        与那国町商工会むらおこし事業パンフレットより
たんぱく質 2.9g
脂質 0.9g
糖質 8.3g
食物繊維 2.6g
ナトリウム 57.9mg
カルシウム 240mg
カリウム 710mg
ビタミンB2 0.25mg
ビタミンE 3.5mg
ビタミンC 83mg
カロチン 4.800μg


トップページへ